昨年12月、9月4日の台風によって飛ばされた本堂の懸魚を修理いたしました。
一口に懸魚といいましても大人の半身ほどもあるものが本堂の一番てっぺんから飛ばされたものです。足場を組んで慎重な作業となりました。
元のものを補強してそのまま使い、大きな金具でしっかりと固定しましたので、今後は大風で飛ばされることなどないものと思っております。