長雲山 龍泉寺の公式ホームページ 開基 小野寺左京亮友光

ご供養のこと

  • HOME »
  • ご供養のこと

ご供養とは

「供給資養」の意味です。日日にちにち に必要なものを「供養」していきます。
まずは 「お香」 です。お香の香気により、心身を浄めます。またその場の邪気を払い浄める目的もあります。このように、香気のただようところは清らかであることから、仏さまはお香を好まれるとされております。ご供養の際には香をたいて、仏さまをお迎えいたしましょう。

また 「華」 をお供えいたします。華は、仏さまのお徳と慈悲をあらわすとされており、そのため、仏さまから私たちに向かっての方向でお供えされるのです。また、華はその場を荘厳(仏さまの徳を示す美しい姿や飾り)し、その香気はやはりその場をも浄めるとされております。

さらに 「お水」 もおあげいたします。お水は生命のもといであり生活にかかせないものでありますから、早朝におあげいたしましたら、翌朝あらたにおあげするまでそのままお供えいたします。

そのほかにも 「お茶」「お菓子」 などをおあげいたします。お茶もお砂糖も古来貴重なものでありました。特にお茶は万病の妙薬とされておりましたし、白いお砂糖が普及したのは日清戦争以降、台湾での生産が商業化されてからのことです。それまでは、病気による衰弱や疲労回復の妙薬、高価な贈答品や珍しいお菓子といったものでしかありませんでしたので、このような品をおあげする意味を、しっかりと心にとめてお供えいただきたいと思います。

年回のご供養、祥月命日などでは 「御霊膳」 をおあげいたしましょう。御霊膳は「香食」といいます。香飯、香汁、香湯、香菜などといい、香り高いものをおあげします。ですから、ごはんは炊き立ての、香りのあるものを、汁などもできたての湯気のたつうちのものをご供養いたします。

御霊膳はお食事ですから、食後には、適宜おさげになってください。
むつかしく考えないで、お客様をお迎えし、おもてなしをする のと同じような気持ちでお供えください。
「どうぞ、このご供養をおうけください」とお招きしたのですから、わざわざいらしてくださった方に、お茶やお茶菓子をお出しして、のどの渇きやお疲れをいやしていただきます。そして「どうぞご供養でございます」とお膳をおあげいただくのですから、特に変わったことをするわけではありません。

大切なご先祖様やご家族に、思いをこめてご供養いただければと思います。

ご先祖様のご供養について

当寺院では、下記のご供養を執り行っております。
◆年回供養
◆水子供養
◆動物供養 など

また、御祈祷についても下記のとおり、執り行っております。
◆入仏(魂いれ)
◆発遣(魂ぬき)
◆家内安全
◆病気平癒
◆新車祈祷
◆古木伐採  など

上記以外の供養・御祈祷の要望につきましても承ります。お気軽にお問い合わせください。

【年回法要の申込み】や【年回供養表】についてのご案内

28年度年回表

▲平成28年度 年回表

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0182-24-0228 受付時間 9:00~18:00
緊急時24時間対応いたします

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

行事予定

9月 2017
« 8月   10月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

小野寺友光の菩提寺

提灯掛けがたちました

7月23日、境内に提灯掛けがたちました。本年度分としてお盆のために用意した提灯は100張。4つの提灯掛けにわけて掛けることになります。奉納をご希望の方ということでお知らせいたしましたところ、現在で70張ほどご希望をいただ …

7月20日 蓮が咲きました

お寺の蓮池では今年も蓮の葉が大きくひらき、すくすくと成長しています。本日7月20日、今年最初の蓮の花が開きました。朝いちばんで開き夕方にはまた花がとじています。お盆も近いことですし、お参りの方が喜んでくださいますことを願 …

浅舞絞りとあやめまつり

季節柄、草むしりをしたり花の手入れをしたりと、なにかと庭に出て作業する時間も多くなってまいりました。それは良いのですが、どうにも虫にさされることが増えてしまい閉口してしまいます。このようなことを口にしたところ、和尚さん、 …

甘茶の桶

花まつりに欠かせない、甘茶用の桶の痛みがいよいよ激しくなってまいりました。 当寺29世養山育祐大和尚のころのものでありますから、少なくとも明治から使用しているわけです。古いものこそ大切に残していきたいものですし、これ以上 …

皐月の花

毎年5月になると、檀家の 遠藤徳四郎さんが 手塩にかけた皐月でお寺を荘厳してくださいます。 一つ一つに工夫と手間をかけて育てられた皐月は、ご供養にお参りになられる檀家さんのこころを慰めてくれます。  今年の5月・6月は日 …
PAGETOP
Copyright © 横手市平鹿町浅舞 長雲山 龍泉寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.