長雲山 龍泉寺の公式ホームページ 開基 小野寺左京亮友光

ご供養のこと

  • HOME »
  • ご供養のこと

ご供養とは

「供給資養」の意味です。日日にちにち に必要なものを「供養」していきます。
まずは 「お香」 です。お香の香気により、心身を浄めます。またその場の邪気を払い浄める目的もあります。このように、香気のただようところは清らかであることから、仏さまはお香を好まれるとされております。ご供養の際には香をたいて、仏さまをお迎えいたしましょう。

また 「華」 をお供えいたします。華は、仏さまのお徳と慈悲をあらわすとされており、そのため、仏さまから私たちに向かっての方向でお供えされるのです。また、華はその場を荘厳(仏さまの徳を示す美しい姿や飾り)し、その香気はやはりその場をも浄めるとされております。

さらに 「お水」 もおあげいたします。お水は生命のもといであり生活にかかせないものでありますから、早朝におあげいたしましたら、翌朝あらたにおあげするまでそのままお供えいたします。

そのほかにも 「お茶」「お菓子」 などをおあげいたします。お茶もお砂糖も古来貴重なものでありました。特にお茶は万病の妙薬とされておりましたし、白いお砂糖が普及したのは日清戦争以降、台湾での生産が商業化されてからのことです。それまでは、病気による衰弱や疲労回復の妙薬、高価な贈答品や珍しいお菓子といったものでしかありませんでしたので、このような品をおあげする意味を、しっかりと心にとめてお供えいただきたいと思います。

年回のご供養、祥月命日などでは 「御霊膳」 をおあげいたしましょう。御霊膳は「香食」といいます。香飯、香汁、香湯、香菜などといい、香り高いものをおあげします。ですから、ごはんは炊き立ての、香りのあるものを、汁などもできたての湯気のたつうちのものをご供養いたします。

御霊膳はお食事ですから、食後には、適宜おさげになってください。
むつかしく考えないで、お客様をお迎えし、おもてなしをする のと同じような気持ちでお供えください。
「どうぞ、このご供養をおうけください」とお招きしたのですから、わざわざいらしてくださった方に、お茶やお茶菓子をお出しして、のどの渇きやお疲れをいやしていただきます。そして「どうぞご供養でございます」とお膳をおあげいただくのですから、特に変わったことをするわけではありません。

大切なご先祖様やご家族に、思いをこめてご供養いただければと思います。

ご先祖様のご供養について

当寺院では、下記のご供養を執り行っております。
◆年回供養
◆水子供養
 ※水子供養においても戒名をお授けして葬儀をいたします。
◆動物供養 
 ※動物供養においても葬儀をいたします。戒名はございません。     
 
 また、御祈祷についても下記のとおり、執り行っております。
◆入仏(魂いれ)
◆発遣(魂ぬき)
◆家内安全
◆病気平癒
◆合格祈願
◆新車祈祷
◆古木伐採  
◆お守り授与(身代わり地蔵) 
 お守りの授与に関しましては、販売ではありませんので法要執行ののちにお渡しいたします。
 
  
上記以外の供養・御祈祷の要望につきましても承ります。お問い合わせください。

【年回法要の申込み】や【年回供養表】についてのご案内

28年度年回表

▲平成28年度 年回表

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0182-24-0228 受付時間 9:00~18:00
緊急時24時間対応いたします

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

行事予定

4月 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
« 3月   5月 »

小野寺友光の菩提寺

花祭り

4月18日、今年もまた感恩講保育園の年長さん年中さんの子供たちをお招きして、花祭りを開催いたしました。 今年はお天気に恵まれました。手をつないで仲良く歩いてくる姿はとても可愛らしいものですね。 花祭り、灌仏会はお釈迦様の …

雛飾り

毎年この時期になると、お寺中総出でお雛様を飾りつけします。 秋田の伝統的郷土人形である中山人形や八橋人形、住職があらたにもとめた竹田人形なども含めて、いつもの応接間がちょっと華やかになります。 例年、旧暦のひな祭りまで飾 …

日本画家佐野江洋氏

佐野江洋氏は、天保年間に生まれ大正までの間を生きた当横手市の画家であります。 当山龍泉寺にも佐野氏の手になる作がいくつかあり、そのうちの天井絵と天女懸額2面は本堂にあるものですから、常に皆さんの目にも触れているものです。 …

お寺の木々の紅葉

お寺のもみじやイチョウの樹がいよいよ紅葉の時期を迎えました。昨年は降雪がはやくしかも溶けることがなかったため紅葉を楽しむことはできませんでしたが、今年は鮮やかな色合いを楽しむことができそうです。 落葉もいちどきには掃けま …

寄贈図書の紹介「BUNJI劇場」

9月20日、図書の寄贈をしていただきました。 著者は当地出身の酒匂鶴子さん。ご自分の実体験をもとに「BUNJI劇場」という本を出版なさいました。 もしこれを読んでくださった誰かの助けになることができたなら、という思いでわ …
PAGETOP
Copyright © 横手市平鹿町浅舞 長雲山 龍泉寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。