長雲山 龍泉寺の公式ホームページ 開基 小野寺左京亮友光

各種法要留意点 威儀①②

  • HOME »
  • 各種法要留意点 威儀①②

各種作法留意点

威儀1

〇拂子
拂子の振り方は3通り
一振法  右手に持って前一振する
三振法  右に一振、左に一振、中央に一振
五振法  右に一振、左に一振、右に一振、左に一振、中央に一振
※滴禅会『龍華』P1173に『宗門では「瞿曇の螺髪宗門の払子」と口伝している。お釈迦様の頭髪を拂子という。そこで法威を振うために拂子をもつのであるから、拂子をもったら必ず法語をとなえなくてはならない』との記載あり。魔を払うためではないことも記載されている。また感応道交のためでもある。

〇笏 ※もともとは備忘のために備えたもの
常には表を表とし、礼拝の際に表裏を裏返し、立つときに元にもどす。なお下記のような説もある

上求菩提(本尊上供など)では表を自分にむける
下化衆生(在家回向)の時は表を外に向ける

〇法要において
原則として法語を唱える時は拂子をもつ
笏や如意をもった時は、法語を唱えても唱えなくともよい

南面行持:法語を唱える 拂子
北面行持:法語を唱えることもある 笏或いは拂子
※ただし北面行持は法孫としての立場からおつとめすることから、拂子の扱いには参究を要する。

威儀2

〇七条衣・九条衣(『温故知要』下巻参照)
七条衣 鬱多羅衣  入衆衣・修行衣。普段かけているお袈裟
九条衣 僧伽黎衣  九条より二十五条まである導師をつとめるときのお袈裟

〇帽子
臨済曹洞では「もうす」 真言天台では「ぼうし」
南面行持:外さない。被ったまま
北面行持:法要の流れにしたがって適宜、外す。

〇各種法要の衣(例:晋山結制)
入寺式          色衣  七条衣(縫いの袈裟まで)
配役行茶         色衣  七条衣(縫いの袈裟まで)     大衆への提唱がある
威儀については、後堂と合わせることにしてもよい
晋山式(行列)      色衣  七条衣(道中であるので)
晋山式(山門頭から)   色衣  七条衣(ここでお袈裟を変えることもある)
晋山開堂         色衣  九条衣(大衣)     説法がある
通例として転衣以上には拂子、首座・開口など未転衣には竹箆
法戦式          緋衣  九条衣(大衣)
檀越供養         緋衣  九条衣(金欄)

※その他の北面行持などでは、派手派手しくない、祖師に相対した時の意識で威儀を整える

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0182-24-0228 受付時間 8:00~18:00
緊急時24時間対応いたします

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

行事予定

3月 2020
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
« 2月   4月 »

曹洞宗 長雲山 龍泉寺

今年の一羽目〈マヒワ?〉

昨晩は大変冷えたらしく、朝方にはタオルケットにくるまっているような有様でしたが、まぁ、起きてしまえばあとはなんということもないわけです。 ところが、人間ならそうでも小さな動物たちはそうもいかないようです。 家を出がけに「 …

四諦と八正道のまんなかあたり

さて。 そもそもわたくしは学者ではありません。ですので、字句についてや細かなことを話すようなことは実はたいそう難しい。 とはいえ、きかれれば答えないわけにもいかず、わからないで済ますわけにもいかず、とにかく、日々の研鑽は …

絵天井の龍

龍泉寺本堂の格天井はそれぞれの格子に天井画が描かれております。 当横手市の画家、佐野氏と寺田氏の両名の手になるものです。明治期、浅舞の大火によって失われた本堂を再建した際、新たに描かれたものときいております。 そのうち、 …

上巳の節句

3月3日はひな祭りです。龍泉寺では毎年この時期にひな人形をお飾りいたします。 桃の節句は、1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日とある五節句の2番目で、旧暦ではちょうど花の季節にあたるのですが、当地横手市ではま …

お地蔵さまの赤い前掛けと頭巾

龍泉寺参道にはお地蔵さまが並んで立っていらっしゃいます。 お地蔵さまを「濁世の導師地蔵願王菩薩」とお唱えもうしあげます。お釈迦様が入滅するにあたり、弥勒菩薩さまが下生するまでの56億7千万年の間、六道の衆生を教化するよう …
PAGETOP
Copyright © 横手市平鹿町浅舞 長雲山 龍泉寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。