長雲山 龍泉寺の公式ホームページ 開基 小野寺左京亮友光

お墓参り

お墓にお参りの際には、お寺ならまず本堂のご本尊さまに、各地域ごとの墓所や墓苑などでは、まず祀ってある六地蔵さまや仏さまに手を合わせましょう。
続いて、無縁仏のご供養をいたします。最後に各家のお墓のお参りをいたします。

お墓にお参りいたしましたら、まずはお墓を洗い清めます。コケなどを水できれいにおとし、雑草などを抜いて手入れをいたします。お墓がきれいになりましたらお灯明をともし、お花をあげお線香、お供物を供え、お水をかけてご供養いたします。

お墓はご先祖様の安息の地であり、またこの世に生きた証としての体であり宿りの場でありますから、お盆や春秋の両彼岸や命日などの墓参はとても大切にすべきご供養であります。

本堂のご本尊様や六地蔵様に手を合わせますのは、ご先祖様をお守りお導きいただいていることへの感謝であります。

無縁仏のご供養につきまして。
そもそも無縁仏と申しましても全くの無縁ではありません。自分の両親は2人ですが、祖父母は4人です。曾祖父母は8人、さらに一代さかのぼった高祖さまがたは16人、5代さかのぼって32人、ここまで合わせまして62人。その間、地域の方とのお付き合い、お世話になった方もいらっしゃれば仲の良い方もいらしたでしょうし、第一、夫婦となるとすれば、別の家の赤の他人同士ということが殆どでありましょうから、こういった地域の方々、血のつながりはなくとも生活のつながりのあった方々に、ともに安らかでありますようにと思いを手向けていただくことは、ご先祖さまにとっての大きな功徳となると考えられております。ご自分の家の墓参のまえに、このような大きな功徳をもってご先祖様にお参りなさるのが一番よろしいのです。

さて、お家のお墓参りですが、水できれいに洗い清めてください。
水は除垢。水は汚れを洗い清め清浄なものとするものです。これが水の徳であります。お墓の点眼や移墓の際には浄洗洒水や供養洒水といって、水をもって供養をいたしますが、まずはお墓をきれいに洗うのです。
世間では「お墓に水をかけるのは頭から水をかけるのと同じで失礼」などということも言われているようですが、これは洒水の意味を知らないからであり、後づけで根拠のないことです。頭を洗う時に水をかけられたといって床屋に怒り出す人はおりますまい。まして罪を洗い流し清らかにする加持された水ならなおさらです。

お墓がきれいになりましたら、火をともします。
一般的には蝋燭を献じます。この火は仏の智慧の光明であり「仏智よく衆生の闇夜を照らし、無明長夜の黒闇を照破す」といい、苦しみを離れ安らかなる道を歩む知恵であり導きであります。それゆえ除災招福・除魔消罪の功徳をもたらすものでもあります。

華は仏の慈悲であります。菩提心が開敷したありようをあらわします。また仏の清らかな悟りは華のようであるとして華を献じ荘厳いたします。仏さまの清らかなこころを飾るのです。

次にお香をお上げいたします。香は香食といって、香りを食としておあげするということです。「戒香定香解脱香 光明雲大遍法界 供養十方無量仏・法・僧見聞普薫証寂滅」という香徳により香雲となり法界に遍くゆきわたって一切の三宝を供養いたしますのがお香です。

水を灌ぎます意味は沐浴同様、墓地を荘厳し、あるいは清浄にし、あるいは罪障消除することであります。万物を育て、万物を生かす慈悲の水、これを灌いで仏心が芽生え育つことを願います。
また湯飲みなどにたっぷりの水をおあげください。水は万物生成のおおもとであり命の根本でありますから、仏さまにお水を差し上げますことは何よりのご供養となります。

年忌の法要はじめとするご供養に水は欠かせない大切なものです。これらの供養はみな水供養と考えていただいてよろしいかと存じます。お塔婆にあります「バン」の梵字は水をあらわすものです。

上にのべました香華灯水食の五種の供物はご供養には欠かせないものでありますから、せめて年に数回の墓参のおりにはこれらを整えてお参りください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0182-24-0228 受付時間 8:00~18:00
緊急時24時間対応いたします

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

行事予定

3月 2020
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
« 2月   4月 »

曹洞宗 長雲山 龍泉寺

今年の一羽目〈マヒワ?〉

昨晩は大変冷えたらしく、朝方にはタオルケットにくるまっているような有様でしたが、まぁ、起きてしまえばあとはなんということもないわけです。 ところが、人間ならそうでも小さな動物たちはそうもいかないようです。 家を出がけに「 …

四諦と八正道のまんなかあたり

さて。 そもそもわたくしは学者ではありません。ですので、字句についてや細かなことを話すようなことは実はたいそう難しい。 とはいえ、きかれれば答えないわけにもいかず、わからないで済ますわけにもいかず、とにかく、日々の研鑽は …

絵天井の龍

龍泉寺本堂の格天井はそれぞれの格子に天井画が描かれております。 当横手市の画家、佐野氏と寺田氏の両名の手になるものです。明治期、浅舞の大火によって失われた本堂を再建した際、新たに描かれたものときいております。 そのうち、 …

上巳の節句

3月3日はひな祭りです。龍泉寺では毎年この時期にひな人形をお飾りいたします。 桃の節句は、1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日とある五節句の2番目で、旧暦ではちょうど花の季節にあたるのですが、当地横手市ではま …

お地蔵さまの赤い前掛けと頭巾

龍泉寺参道にはお地蔵さまが並んで立っていらっしゃいます。 お地蔵さまを「濁世の導師地蔵願王菩薩」とお唱えもうしあげます。お釈迦様が入滅するにあたり、弥勒菩薩さまが下生するまでの56億7千万年の間、六道の衆生を教化するよう …
PAGETOP
Copyright © 横手市平鹿町浅舞 長雲山 龍泉寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。