長雲山 龍泉寺の公式ホームページ 開基 小野寺左京亮友光

墓じまいの石はお寺へ

 昨今、「墓じまい」なる言葉にて、お墓を整理するということが増えているようです。
 これまでの墓石についての問い合わせは、例えば、新しい石塔を造立したので、古い墓石をいかがしたらよいのかということが大多数でした。

 その場合は、まず発遣供養(魂ぬき、精ぬき)を行います。龍泉寺では、古い墓石をお寺の墓地内に並べて置いてありますので、その場所にご移動いただければよろしいのです。お墓を建て替えたり移動したりする時には、墓石を扱う業者さんにお願いするのが最も一般的で簡単な方法です。古い墓石や欠けた石などを引きとりしてくれる業者さんも多いので、業者さんにお願いしてみることもできるでしょう。
 ごくまれに、土に埋めたり畑の足台にしたりするケースが見られますが、いけません。戒名の刻まれた石を他の用に転ずることなどもせずに、きちんとお寺におさめるか業者さんに引き取ってもらうかしてください。
 
 さて、最近いうところの「墓じまい」とは、お祀りする子孫や一族がおらず、放置になる前に墓地を整理(更地にしたり、供養のかたちを変えて永代供養にするなど)するということのようです。

 その場合でも、きちんと発遣供養(魂ぬき、精ぬき)をおこなってから、墓地を更地にします。墓石、特に棹と呼ばれる中心になる石などをきれいに洗ってください。そして、墓じまいの石はできるだけお寺におさめていただきたいと思います。というのも、当龍泉寺でも、いわゆる「無縁の石塔」が増えてきておりますが、「無縁」とはいうものの、かつては縁があったからこそお墓があり、埋葬されたものです。決して誰とも「無縁」であるはずはないのです。
 様々な事情で「無縁」となってしまったお墓ですが、代々のご先祖様を供養してきたお寺と「無縁」であるはずがありません。お参りのみなさまの誰でもがお参りし手を合わせて頂ける、そんなご供養ができるようにと願っております。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0182-24-0228 受付時間 8:00~18:00
緊急時24時間対応いたします

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

行事予定

4月 2020
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
« 3月   5月 »

曹洞宗 長雲山 龍泉寺

今年の一羽目〈マヒワ?〉

昨晩は大変冷えたらしく、朝方にはタオルケットにくるまっているような有様でしたが、まぁ、起きてしまえばあとはなんということもないわけです。 ところが、人間ならそうでも小さな動物たちはそうもいかないようです。 家を出がけに「 …

四諦と八正道のまんなかあたり

さて。 そもそもわたくしは学者ではありません。ですので、字句についてや細かなことを話すようなことは実はたいそう難しい。 とはいえ、きかれれば答えないわけにもいかず、わからないで済ますわけにもいかず、とにかく、日々の研鑽は …

絵天井の龍

龍泉寺本堂の格天井はそれぞれの格子に天井画が描かれております。 当横手市の画家、佐野氏と寺田氏の両名の手になるものです。明治期、浅舞の大火によって失われた本堂を再建した際、新たに描かれたものときいております。 そのうち、 …

上巳の節句

3月3日はひな祭りです。龍泉寺では毎年この時期にひな人形をお飾りいたします。 桃の節句は、1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日とある五節句の2番目で、旧暦ではちょうど花の季節にあたるのですが、当地横手市ではま …

お地蔵さまの赤い前掛けと頭巾

龍泉寺参道にはお地蔵さまが並んで立っていらっしゃいます。 お地蔵さまを「濁世の導師地蔵願王菩薩」とお唱えもうしあげます。お釈迦様が入滅するにあたり、弥勒菩薩さまが下生するまでの56億7千万年の間、六道の衆生を教化するよう …
PAGETOP
Copyright © 横手市平鹿町浅舞 長雲山 龍泉寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。