平成28年6月4日と5日、龍泉寺では、前住職から48年ぶりになる「晋山結制」法要がおこなわれます。

晋山とは、このお寺に住職として入りますという意味のことばです。「山に晋む」と書きますが、「山」とはお寺のことです。お寺にはそれぞれ「山号」というものがあり、当龍泉寺の山号は「長雲山」です。
晋山式とは、住職となって、この龍泉寺を信仰と修行の道場となすことを宣言するものです。それによって、供養をおこない、檀家各家の安寧を祈ります。また、龍泉寺に現前された本尊様、仏法を受け継ぎ伝えてくださった歴代住職、当寺護持の先達への報恩の意味もあります。
晋山結制の儀式は住職・檀家一体となっておこなうものです。
檀家各家のみなさまがたにおきましては、どうぞ、式にご参集いただき、あらためて仏縁と法縁を結んでいただければ幸いと存じます。
以下に、当日の次第を記載いたします。これらの法要が、どのようなものかについては、また改めてご紹介させていただきます。

<6月4日>

午後3時
五鏧三拝
首座入寺式
土地堂念誦
歴住報恩忌逮夜諷経
配役本則行茶
祝膳

<6月5日

午前8時15分
稚児行列
晋山式
晋山開堂
歴住報恩忌
法戦式
檀越供養

無事、晋山結制法要を修行いたしました