長雲山 龍泉寺の公式ホームページ 開基 小野寺左京亮友光

お寺の概要

  • HOME »
  • お寺の概要

いたぢ和尚の昔話

寺田傳一郎氏の『羽後浅舞町近傍見聞書』に いたぢ和尚のおはなしが紹介されております。

「むかし百何十年前のこと淺舞の龍泉寺の和尚さんが、每朝はやく看經するとき何處からともなく一疋の鼬が現れて、必ず一枚の木の葉を銜へて來るのであった。和尚さんはその度に尊い御經の文句を少しづゝ書いてやると、それより二十一日目にお寺の庭のおんこ※1の木の下に、經文を書いた木の葉で巢をつくって、とびらを卷いて死んでゐる鼬を見出した。
その晩和尚さんの夢枕に立った鼬は、この村の井上喜平の女房の腹を借りて生まれ變わるからその時はどうか育てゝ給ふやうにと前脚を擦り合せて賴むのであった。夢の後で和尚さんが喜平の家に赴いてみると、可愛いゝ男の兒が生れたので二十一日で引き取って、寺子として淺舞の伊勢屋にあづけて育てゝ貰った上に、幼年より學問を敎へたので後には遂に鹽越※2の蚶滿寺の大和尚に登った。
いたぢ和尚は二十里も離れた淺舞に變事が起ると透視したが、或時郷里に火事があるとて蚶滿寺の庭の坪石に水を注ぐと、水は熱湯のごとく沸き石は轟々と鳴った。亦父親の喜平や叔父の在郷力士の某等が鹽越に和尚を尋ねるのを、今日は誰が來る明日は某が來るなど言ひ當てた。
今も蛭野村の井上辰之助の家に、緋衣姿の和尚が腰を掛けた圖があって、經文の卷物も傳はつてゐる。」

※1 おんことはイチイの方言。別名アララギ
※2 鹽越は象潟の地名。1889年塩越村、1896年町制施行により象潟町となった

なお、これとはやや内容の異なる別バージョンのおはなしが「ふるさと栄会」のホームページに紹介されています。
ふるさと昔っこ(畑則子)いたち和尚

水エボ地蔵さま

お地蔵さん_001

地蔵堂

境内にある地蔵堂のお地蔵さまは「水エボ地蔵」と呼ばれています。その昔、中国地方(島根県あたりとの伝あり)からはるばる長旅をして秋田までいらしたお地蔵さまです。その道中、馬方が休憩するたびに、一服、また一服とタバコをくゆらせます。なにしろ長い旅のことでもあり、浅舞に到着されたころには、すっかりタバコに慣れ、お好みになられておったそうです。ところで、この水エボ地蔵様ですが、イボをとってくださるありがたいお地蔵様です。

お地蔵さん_002

水エボ地蔵尊

イボを取ってほしいと思われましたら、まず、お地蔵様にお参りしてください。その時、「お線香」、「ろうそく」、そして、「タバコ」に火をつけてお参りするというのが、ちょっと変わったところです。お参りなさいましたら、地蔵堂の前の手水(地下水が汲み上げられています)を汲み、改めてお地蔵様の前にお供えし心中に「イボが取れますように」と祈願します。お水は持ち帰って冷蔵庫等で保管し、それをイボのところにつけてみてください。

手汲み水

手汲み水

昔から、イボがとれる霊験があるといわれており、今でも、水を求めてお参りになる方がいらっしゃいます。

大般若波羅蜜多経

龍泉寺の大般若波羅蜜多経六百巻は、当山二十七世祖田秀英大和尚によって発起され、二十八世清岳智童大和尚の代に勧請成就、お寺の宝として代々受け継がれてまいりました。
そもそも大般若波羅蜜多経は、古くから五穀豊穣・国家安寧などの願い、諸災消除や諸縁吉祥といった祈りに大きな功徳があるとされ、地域・檀家の方々の信仰をうけ大切にされてまいりましたものです。

二十八世智童大和尚は、安政七年晩春(1860)上京し大般若理趣分一部をもとめ、万延二年(1861)にお寺の常什物とされております。

上京中に大般若波羅蜜多経の勧請をし、手配をされたものではないかと思われます。実際に大般若理趣分経二部、そして鉄眼版大般若経六百巻がお寺に到着いたしますのは元治元年(1864)となります。
経本の一巻一巻に、このお経のために喜捨をされた方のお名前や家や先祖の戒名が丁寧に書き記されており、人々の信仰と地域や家の安寧・幸せを願う気持ちが伝わってまいります。

 

 

 

 

 

 

また、お経は角間川を経由して届けられましたが、その途中、五味川、新平川、林崎などの集落ごとに立ち止まりました。その後には石碑がたてられ、地域の安寧、五穀豊穣などの祈りの場所となったようです。
いまでも集落の道筋に、その石碑をみることができます。

参道の六地蔵さん

六地蔵

参道の六地蔵さん

お寺の概要

住 所 〒013‐0105 横手市平鹿町浅舞字浅舞286
連絡先 電話?0182-24-0228  FAX 0182-24-0070
問合せ info@asamai-ryusenji.jp
お寺歴史 龍泉寺開創  永禄年間(1558~1570)
開山     増田町 満福寺3世梅翁正倫大和尚
開基     浅舞城主 小野寺左京亮友光 (龍泉院殿即山清心大居士)
住職 佐々木誠宗

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0182-24-0228 受付時間 8:00~18:00
緊急時24時間対応いたします

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

行事予定

4月 2020
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
« 3月   5月 »

曹洞宗 長雲山 龍泉寺

今年の一羽目〈マヒワ?〉

昨晩は大変冷えたらしく、朝方にはタオルケットにくるまっているような有様でしたが、まぁ、起きてしまえばあとはなんということもないわけです。 ところが、人間ならそうでも小さな動物たちはそうもいかないようです。 家を出がけに「 …

四諦と八正道のまんなかあたり

さて。 そもそもわたくしは学者ではありません。ですので、字句についてや細かなことを話すようなことは実はたいそう難しい。 とはいえ、きかれれば答えないわけにもいかず、わからないで済ますわけにもいかず、とにかく、日々の研鑽は …

絵天井の龍

龍泉寺本堂の格天井はそれぞれの格子に天井画が描かれております。 当横手市の画家、佐野氏と寺田氏の両名の手になるものです。明治期、浅舞の大火によって失われた本堂を再建した際、新たに描かれたものときいております。 そのうち、 …

上巳の節句

3月3日はひな祭りです。龍泉寺では毎年この時期にひな人形をお飾りいたします。 桃の節句は、1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日とある五節句の2番目で、旧暦ではちょうど花の季節にあたるのですが、当地横手市ではま …

お地蔵さまの赤い前掛けと頭巾

龍泉寺参道にはお地蔵さまが並んで立っていらっしゃいます。 お地蔵さまを「濁世の導師地蔵願王菩薩」とお唱えもうしあげます。お釈迦様が入滅するにあたり、弥勒菩薩さまが下生するまでの56億7千万年の間、六道の衆生を教化するよう …
PAGETOP
Copyright © 横手市平鹿町浅舞 長雲山 龍泉寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。