先日、檀家の森田照雄さんの作業場を訪れる機会がありました。

 森田さんは農業に従事すると同時に「わら細工」の職人さんでもあります。現住職の晋山結制の際には、わざわざ沢山のわらじを編んでくださいました。

作品の多くは現在でも祭りや実用に使われているもので、これがないと、例えば「ぼんでん」という地元のお祭り自体が成り立たなくなるそうです。こういう素晴らしい技術を継承していくことはもちろん、すばらしい職人さんたちの努力やこころも大切にしていきたいものです。